Vita 夜廻の攻略情報を取り扱っています。収集品を集めながら進められる攻略チャートと全体マップを紹介。落し物一覧、トロフィー攻略、ストーリー考察も紹介。

夜廻 攻略サイト
-Gametter-

全体マップ(拡大版



Vita 夜廻攻略サイト

プレイしての感想・評価(赤字は良い点、青字は不満点)

ストーリー展開/世界観/キャラクター
全体的にノスタルジーな雰囲気がイイ。アニメチックな感じも個人的には新鮮味があって好き。
登場人物はいたってシンプルですが、登場するお化けの背景を噂や行動/挙動から察することができるので、お化け観察が楽しい。直接的な説明がないのがスパイスになっている。
ゲーム内容はホラーですが、ホラーといっても精神的ブラクラに近いホラーが中心。背筋が寒くなるようなホラーというよりドッキリでビックリさせる作りになっている。
世界観やエンディングが謎だらけで理解が追い付かなかった。

システム/ボリューム
心臓音システムは緊張感があってゲームと相性が良い。
非常に死亡頻度が大きいがデスペナが無いので、繰り返しプレイして覚える。収集要素がセーブ前まで戻る変な仕様じゃなくて良かった。
本編が短いうえにやり込み要素も物足りない
避けゲーなのに操作はダッシュ&歩き(+平行)のみ。思うように避けられない。敵の動きを観察する必要がある。

グラフィック/演出
アニメチックな感じですが味があるグラフィック。
2D(箱庭視点)が好きな人にはウケがいいハズ。
最初から最後まで似たような場所で物語が進んでいくので、"イマイチ"と感じる人にとってはずっと苦痛になる。

音楽・サウンド
風の音や足音など環境音が豊富で没入感が非常に大きい。ぜひヘッドホンをつけてプレイしてみてください。内臓スピーカーとはまた違う臨場感でプレイできるハズ。
CV・BGMは殆ど無し(テーマBGMのみ)

UI/操作性
シンプルな操作性で操作自体には不満点は無い。地図画面がメニューとなっているため、現地確認とアイテム確認でいちいちメニューを開きなおしたりしなくて済むのが意外に好感触。
地図やアイテム図鑑も手書き感があり埋まっていく毎に嬉しい気持ちになる。アイテムの説明欄で背景を掘り下げていくのもGOOD
隠れるポイントに密着すると!アイコンが消えてしまい隠れられなくなり事故死することが多い。
?アイコンが出て周囲を探すとただの草むらだったりでアイテムとの区別の手間苦労が多い。隠れポイントの時と収集品の時とで色違いにして欲しかった。
地図の"自分"アイコンがデカすぎてどこにいるかよく分からなくなる。

その他
パッケージのデザインが好き
『【夜廻】実況者だいだらが先行実況プレイ【発売直前】』 発売一週間前に公開された動画がありますが、こういったプロモーションの仕方はすごく印象悪いです。嫌悪感すら覚えます。そもそもこのゲームと何の関係もない人の実況のノリを持ってこられても正直寒いし、何よりもゲーム内容に集中できない。普通のプレイ動画でプロモーションするなり、開発に関わった人か声あてた人による解説動画の方が万倍好感持てるし興味も湧きます。発売前に見てあまりにもガッカリしたのであえて書きました。



総評
購入前(発表時)からずっと思っていましたが、電脳コイルに色々似ている!デジタル感こそないが、ホラー感、特にノスタルジックなところが似ている。ラストの異空間の鳥居の階段はまさに電脳コイルのクライマックスを思い出す。ここでいう"似ている"は「パクりだ」ということではなく、いい意味での似ているです。電脳コイルは好きな作品なので、あのワクワク感が蘇ってきました。

ゲーム自体はコンセプトは非常に面白いですが、ボリュームがかなり少ない・浅いのが残念なところ。新鮮なジャンルでかなり楽しめましたが、このボリュームで5980円はかなり高い設定かと思います。

ゲーム部分はホラーベースの探索・徘徊ゲー(避けゲー)です。人を選ぶと思いますので、ゲームシステム紹介ムービーで予習しておくと良いかと思います。
前述の実況プレイ動画は逆に買いたくなくなると思います。無音(字幕のみ)のプレイ動画を公式がアップしてくれるのが一番いいんですが・・・。
参考:電脳コイル
2007年にNHKで放送されていたテレビアニメ。
・鳥居の階段が物語の鍵を握ることが物語終盤に判明する。
・イリーガルと呼ばれる"黒い影"の電脳生命体が物語の重要なキーワードとなる。

※画像1出展:いろいろ思うこと・・・BLOG
※画像2出展:今期のナンバーワンを探してみた結果、、

全26話(650分)と見応えある作品。隠れた名作。
DVDBOXとちょっと前にBlu-rayBOXが発売されている。
※DVDBOXのリンク先の商品は海外品(日本語音声切り替え可)なので注意

参考プレイ時間
本編クリア8~12時間
トロフィーコンプリートにもうさらに3~5時間ほど
※50時間トロフィーは除くので、それ込みだと丸々50時間掛かる。




メニュー



ツイッタータイムライン




↑ PAGE TOP