PS4 UntilDawn 惨劇の山荘の攻略情報を紹介!攻略チャートを分かりやすく解説!ネタバレ要注意

UntilDawn 惨劇の山荘 攻略サイト
-Gametter-

サイト内検索


PS4 UntilDawn 惨劇の山荘 攻略サイト

評価/レビュー

プレイしての感想(赤字は良い点、青字は不満点)

ストーリー展開/世界観/キャラクター
物語が進めば進むほど状況が悪くなり一向に良い方向に進まない展開の緊迫感が良い
キャラクター達にはそれぞれ個性や考え方があり、選択肢の結果が予想しづらい⇒展開が読めない
得体のしれない"何か"の恐怖と、それ以外の"何か"が潜んでいる二重の恐怖感が味わえる。
悲しいストーリー。主要人物たちの身勝手なイタズラで(プロローグ:物語の根幹)で生死不明になるハンナとベスが不憫で仕方ない。
キャラクター達の考えに理解しがたい場面が多い。命が掛かっている場面で罵り合ったり、"何か"が潜んでいるのに普通に罵り合ったり。「後にしろ」と言いたくなる場面が多い。
後述のバタフライエフェクトの兼ね合いのせいか、(特定の組み合わせの)キャラクター同士の掛け合いがものすごい少ない。どの章もほぼ1~2人行動のため、生きていようが死んでいようが周囲のキャラクターのリアクションが殆どない。ジェスとジョッシュに至っては喋ってるところすら見たことが無い(気がする)

システム/ボリューム
バタフライエフェクトで様々な展開に進み、キャラクターの生死もすべてプレイヤーに委ねられる。
ボリュームはストーリー的に周回する楽しさがあるが、追加要素などは用意されていない
選択肢を選ぶ際の統計(設定ON時のみ)が面白かったです。特定のキャラの生死が関わる選択肢をどれだけ選んだのかが分かってしまうので、色々想像しまいます。
選択肢(バタフライエフェクト)による展開は様々だが、ストーリーの大筋には変わりが無い。
寛容、勇敢などのステータスの意味が結局最後まで分からなかった。
バタフライエフェクトの選択が非常に重要なため細かい選択は結局直後の会話内容が変わるくらいで、よくあるRPGと同じような印象。バタフライ効果って謳うくらいだから、本当にささいなことが今後に影響すると思ったら全然違ってました。結局運命は変えられないっていう皮肉のようにも見えます。

グラフィック/演出
満足できる綺麗なグラフィックです。特に廃墟などのグラフィックは味が出ているというか上手く表現されていると感じました。
ホラー描写には恐れ入ります。プレイヤーが"手掛かり"を集めて少しずつ謎が明かされていくシステムも良くマッチしています。
章末のDrの精神分析も斬新で面白かった。
グロテスク表現は規制が入っており、一部の残酷なシーンは画面が暗転します。個人的にはグロ表現は好きじゃないのでどっちでも良いですが、設定でON/OFFの切り替えが出来たら文句なしだと思います。
ピエロやゾンビ、幽霊などヒトが怖がるものが全部用意されており、欲張りすぎていて不自然さが否めません。

音楽・サウンド
全編吹替えで楽しめます。英語音声/日本語字幕も用意されています。
怪しい部屋やオブジェクトを調べる時のあのサウンド。完全にホラー映画です。

UI/操作性
バイオハザードシリーズみたいな定点カメラ視点でのキャラクター操作。思い通りに動かない時が多々ある。
キャラクターの動きが遅くて鈍い。周回時はイライラするかも。

その他
特になし



総評
 ゲームをいざプレイし蓋を開けてみると単なるサスペンスホラーでないことが分かります。登場人物の関係性や背景が一通り頭に入ったあたりから物語は急展開に進んでいき、飽きさせないストーリー展開になっています。個人的には(幽霊系の)ホラーは苦手なので心配していましたが、所々発生するQTEが良くも悪くもゲーム的なので割り切れる人にとっては、そこまで怖くはないと思います。
 驚かす方法も、(序盤は)動物が飛び出してきただけとかいたずら心によるただの悪ふざけだったりで「またかー」と冷めることも。それと"8人の若者"、"山荘"っていうワードがあるにも関わらず人間関係による心理的な恐怖や密室の恐怖が殆ど無かったのがちょっと期待していたものと違いました。8人集合するシーンはほんの一瞬のみ。後は基本的に1~2人で行動し、グループ間の掛け合いは殆ど発生しません。キャラの生死の影響が薄すぎるため非常にあっさりしてしまっています。
 プレイヤーに選択肢を委ねるシステムはよくできており、のこぎり処刑マシンで命乞いをするアシュリー(女性)を選んだり、同じくのこぎり処刑マシンを前にアシュリーに銃を向け撃つか撃たないかを迫られるシーンはトロフィーのためとは言え、精神的にかなり堪えました。そういう意味では、演出がかなり巧く組み立てられているのだと思います。難しい注文なのかもしれませんが、もう少しストーリーの分岐に真新しさがあれば良かったと思います。

物語の根幹になるハンナとベスの事故に関しては、ハンナとベスが不憫すぎてサムとジョッシュ、クリスを除く登場人物たちに感情移入ができなかったです。


参考クリア時間

1章大体1時間ほどでクリアできる。10時間弱で全編クリア可能。
収集品のコンプリートを目指しても20時間ほど。
プラチナトロフィー獲得には最低2周+α必要となる。30時間前後が目安か。


↑ PAGE TOP