PS3/Vita 憂世ノ志士 憂世ノ浪士の攻略情報を紹介!攻略チャートを分かりやすく解説!ネタバレ要注意

PS3憂世ノ志士 / Vita憂世ノ浪士 攻略サイト
-Gametter-

スポンサードリンク

ストーリー・物語

憂世ノ志士と憂世ノ浪士、PS3とVitaで発売されますが、システムやベースは共通でストーリーが異なっています。憂世ノ志士は坂本龍馬が主人公、憂世ノ浪士は沖田芳次郎が主人公となっており、それぞれの主人公を軸に史実とIfが織り交ざったストーリーが進行する。


スポンサードリンク

憂世ノ志士の物語

物語時は幕末、日本に黒船が襲来し、盤石の体制にして絶対的なお上と思われていた徳川幕府は脆くも崩れ去ろうとしていた。薩摩、長州、土佐といった雄藩の志士たちは新たな秩序を求め、幕府を倒さんと牙を剥く。

そんな中、長崎出島にて、一人の男が目を開けた。男の名は坂本龍馬。龍馬は、己の過去に関する一切の記憶を失うも、神秘的な雰囲気をまとう娘お龍に支えられ、徐々に己を取り戻していく。

引用元:憂世ノ志士公式サイト/物語

憂世ノ浪士の物語

1人の男が、江戸から京に上がってきた。その男の正体は沖田総司の甥、沖田芳次郎である。叔父に憧れ、新撰組への入隊を希望した芳次郎であったが、土方によって配属されたのは斉藤一が仕切る監察方―京の治安を守るお役目であった。

夢見ていた仕事とは異なるが、特技の浮世絵描きを生かし、京で起こる様々な事件を解き明かし、真の下手人を暴くことに楽しみを見出していく芳次郎。だが、時代の流れは速い。それぞれ譲れない志や浮き世の義理などが複雑に絡み合い、幕末の有名人が殺人の被害者や下手人になる。

監察方として京の闇を探り出す主人公は、いつしか真の巨悪と対面する事になるのであった。

引用元:憂世ノ志士公式サイト/物語


スポンサードリンク


↑ PAGE TOP