PS3/Vita ソードアート・オンライン ロスト・ソングの攻略情報を紹介!攻略チャートを分かりやすく解説!ネタバレ要注意

ソードアート・オンライン ロスト・ソング 攻略サイト
-Gametter-

PS3/Vita ソードアート・オンライン ロスト・ソング攻略サイト

プレイしての感想/レビュー

ストーリー/世界観
ソードアートオンラインという原作物のゲームになりますので、内容や大筋を知っているなど、ある程度基本的な知識がないとストーリーについていけません。ただゲーム自体は、SAO関係なしに楽しめる作りになっています。
今作は、ALOが舞台となり、空を自由に駆け回れるアクション要素が強いRPGです。ソードアートオンラインの世界観が良く出ていて、パーティーでフィールドを移動しているだけで満足と言っても良いくらいです。登場キャラクターも全てと言ってよいくらい(しかもプレイアブル)、押さえていますので、ライトな方からヘビーな方まで幅広くその人の好みに合わせてSAOの世界を満喫できると思います。

グラフィック/ゲームシステム
Vita版でプレイしましたが、グラフィックに特に不満はありません。むしろ、フィールドの雰囲気は美しいので、このくらいがちょうど良い気がします。ただダンジョンや洞窟が似たようなのばかりで、次のダンジョンへ進んでも、真新しさが感じられませんでした。どれもあっさりしたようなダンジョンで、ダンジョン探検とかそういうのを求めてるとちょっとガッカリするかもしれません。
ダンジョン探検というより、道中の戦闘を楽しむものだと割り切ってプレイしていたので、むしろ楽しめました。
それと、キャラ育成の要素の大きさも相まって、戦闘していて楽しいです。具体的には、キャラクターには固有のレベル(種族Lv)があり、それが上昇することによって基本ステータスが上がっていきます。さらにスキルにも専用のLvが存在し(熟練度)、使えば使うほど能力が上がっていく仕組みです。自分の戦い方を確立したら、熟練度が上がるにつれどんどん強くなっていきます。
ただこれが裏目に出て?使わないキャラは全く育たないので結局一切使わないという状況が発生しやすいです。スタメン3人以外のキャラはよほど思い入れが無い限り殆どの人は一度も使わないのではないでしょうか。もったいないところです。

操作性
フライトアクション要素が強い本作では、少々癖のある操作が求められます。自由飛行時は基本的にスティック操作で自在にキャラクターを動かすことができ、思い通りの操作をすることができますが、戦闘時などになってくると話が変わってきます。
後述するアイテムシステムや思い通りにロックオンできないロックオンシステムがネックになっており、自由度の高い飛行操作に色々と制約が生まれてしまっています。百歩譲ってソート不可なアイテムシステムを我慢したとしても、ロックオンシステムだけはやはり頂けないです。まず攻撃部位が複数あり、かつ弱点部位も存在するのにロックオンできる箇所はなぜか“1か所”のみ。さらに他の敵などロックオン対象を変更するときは、右スティックを使用します。右スティックは本来、カメラアングル操作に割り振られているので、複数敵がいるときは右スティックのカメラアングルは使用できないということと同義になります。
雑魚敵がいないボス戦時などは、右スティックが自由に使えるので、カメラアングルを自在に使った戦い方ができます。急接近や急速離脱などの一撃離脱などフライトアクションならではのスタイリッシュな戦い方はやはり楽しいです。プレイしてて何かに似てるな~と思ったらアレです、ガンダム系のアクションゲームと似ています。特にPS2のAnotherCentury'sEpisode(1)に似ている気がします。

キャラゲ
キャラクターゲームとしてはかなり高レベルな出来だと思います。上で書きましたが、殆どのSAOキャラを抑えており、サブイベ含め全編フルボイスです。
キャラクターの目の瞬きが1回瞬き(目パチ)だったり2回瞬き(目パチパチ)だったりで地味に驚きました。
(キャラクター物のゲームではこれが当たり前なのかな?)
一つ残念だったのが、ユージーンの不遇さ。スメラギを立てる為に、敗北した設定になっています。個人的にSAOで好きなキャラクターだったので、結局最後まで不遇扱い。というか序盤に出たきり、もう出てこない・・・。
AI
操作キャラクターとは別に2人のキャラクターをパーティとして連れて行けますが、このCPUの行動がダンジョンやボス戦で度々苦しませられます。
とにかく行動に無駄が多く、例えばダンジョン内の小部屋で戦闘中に、気づくと別の部屋に勝手に行ってます。で、敵を引き連れて戻ってきます笑
オンラインゲームのダークな部分(MPK)を再現されてる気分です。
他にも、中々蘇生してくれなかったり、突撃・後退・集合などコマンド指示も一応ありますが、使っても余り言うこと聞いてくれない印象でした。

残念な点
ゲーム自体はすごく面白いのですが、それだけに色々と粗が目立つ印象です。上記のAIの不満に続き一個一個挙げていきますと。

アイテムに関して
ゲームの性質上、プレイしていると武器含めアイテムがものすごく溜まっていきます。
武器の場合、売却する際に、1個1個しか売れない点。所持制限に迫ると整理しなければいけませんが、これが骨です。1個1個売っていき、いちいち「○○を売却しました」のダイアログが表示されます。普通にプレイしていれば我慢できる内容ですが、クリア後でやり込もうとするとかなりの障害です。

あと、アイテムのソートができない点。回復アイテムはサポートアイテム等、沢山持ち込んでも、順番が滅茶苦茶でいざというときに全く使えません。入手順で決まるらしく、使い切ったアイテムを補充するとアイテム欄の一番後ろに来ます。このせいで、どこにHP回復があって、どこにMP回復があって、どこに蘇生アイテムがあって・・・とそうこうしてるうちにチャンスを逃したり、最悪全滅してしまいます。

アイテムの自動倉庫送り。これも所持制限を迎えたアイテムはそれ以上手に入れられなくなり、宝箱を取り損ねます。これは仕方ないとしても、クエストの完了報告くらいはアイテム自動送りして欲しかったです。クエスト報酬を受け取れないために、いちいち倉庫に預けてから完了報告する必要が出てきます。。

自由度の低いカスタムキャラ。カスタムキャラの要素はいらなかったんじゃないでしょうか。オンラインがあるから取り入れたのだと思いますが、これもあっさりしておりキャラメイクの自由度はかなり低いです。顔や肌の色など選べるパターンは各種族2種類まででしかも性別固定。私はキャラゲにキャラメイクを全く求めていないので、何とも思いませんが、少なからず期待してた人にとっては残念だったのではないでしょうか。

最後に、ボス戦のエリア制限が煩わしい。ボス戦時は、本来のフィールドに、見えない壁が出現しその中で戦うことになります。常にマップを意識していればいいですが、油断すると見えない壁に引っかかって攻撃を回避しきれずに理不尽に攻撃を受けます。角っこに追い詰められたらもう最悪で逃げ道がなくなります。屋内なら分かりますが、フィールドでのボス戦時位は本来のフィールドで戦わせてほしかったです。戦闘が楽しかっただけに残念です。

総評
個人的にはかなりツボだった作品です。発売まではフライトアクションに少し不安はありましたが、いざ手に取ってみると最初こそ操作に難はあれど、慣れてしまえば非常に快適です。大型ボスを相手にギリギリの空中戦をすると久々に手に汗握ってました。
前作のホロウ・フラグメントは肌に合わず途中で投げてしまいましたが、ロスト・ソングの方は問題なく楽しめています。ツイッターを見る限り、ロストソングが微妙でホロウフラグメントの方が良かったという人も多数いるので、この二作品は似ているようで毛色の違う作品だと思った方が良いかもしれません。

あと最後になりますが、意外にもオンライン協力プレイの方にも力が入っています。自分のキャラクターを使って最大4人でボス討伐クエストをプレイできます。本編より圧倒的に強いボスが待ち構えているのでクリア後の遊び要素になります。
オンラインでは、やはりパワープレイヤーが強いので白騎士物語のカオスっぷりを思い出します。(ボス戦前に練気でチャージしてボス戦でスキル連発してごり押しのアレ)
ロストソングでも似た感じでスターバーストストリーム+ジ・イクリプス連発するキリトにSP回復薬を投げる感じがそれに似ています。
まあどんなオンラインゲームでも最終的にはそういう形になるのは自然ですが。。
余談ですが、(発売数日しか経ってない)オンラインでは、部屋に入ったら16人部屋に10人くらいキリトがいて声に出して笑ってしまいました。

参考プレイ時間

本編クリアで30時間前後でした。(※所々イベント時に会話連打して読み飛ばしてしまいましたが)
本編クリアのみでは、キャラクターの成長も1/3程度で終わってしまいますが、クリア後のオンライン要素やオフラインのExtクエストをやり込むことでキャラクターをまだまだ成長させられます。上位の武器も本編クリアでは全くでないので武器収集なども楽しめます。
トロフィーにもシルバートロフィーで、全スキル取得(各武器熟練度1000にする)トロフィーという鬼難易度のトロフィーがあり、恐らくこれを取ろうとすると相当な時間が掛かると思います。(予想200時間前後)



↑ PAGE TOP