PSVita レイギガント(RayGigant)の攻略情報を紹介!攻略チャートを分かりやすく解説!ネタバレ要注意

レイギガント 攻略サイト
-Gametter-

スポンサードリンク

PSVita レイギガント攻略サイト

レビュー

プレイしての感想

ストーリー
本作のセールスポイントはストーリーだと思いました。深夜のアニメで1、2クールくらいでやってそうな雰囲気。
内容は簡単に言うと、ギガントと呼ばれる謎の半生命体に立ち向かう人類の攻防を描く物語です。
主人公の一弥(カイル、ニル)はそれぞれギガントに立ち向かう適性を持っており、ヨリガミと呼ばれるギガントと似た性質を持つ半生命体と同体となりギガントに立ち向かっていく。
話の導入が長いですが、浸かってしまえば、先が気になる展開で楽しめます。

DRPG
事前情報を余り調べていなかったのですが、思っていたものと少し(結構)違くてビックリ。
普通のRPGかなと思ってプレイしたらダンジョンRPGベースのゲームでした。
正直ダンジョンRPGのジャンルは余り好みでなく、知識もウィザードリィで止まっています笑
比べようがないので下手なことは言えませんが、「最近のゲームにしては・・・でも、これはこれで楽しい」というのが正直な感想。
一人称視点でプレイヤーを動かし、マップ上の仕掛けや敵、ゴールを目指していきます。
最初は、歩いて戦って歩いて・・・と単調ですが、章が進むにつれ複雑化しギミックも増えていきます。
終盤は結構頭を使ってプレイしていたので、割かし堪能できました。
ダンジョンRPG好きにとってはどう映るか分かりませんが、悪くはないと思います。

育成・戦闘
う~ん。かなり大味な印象です。スキルツリー(エボルブシステム)は取っ付きやすくて個人的には好きなんですが、ツリーにする必要性を余り感じられない。(他のゲームでもそうなんですが)
このゲームに関して言えば、他のキャラクターを無視してアタッカーだけ集中的に強くしてしまうのが一番効率が良くなってしまっている。
戦闘のAPの概念も相まって、弱いキャラは黙って待機(AP回復)に徹し、アタッカーは攻撃に徹する戦い方・育成法が恐らく最も効率が良い。
弱いキャラが攻撃に回るとダメージも出ないし回復もできないしで二重苦になってしまう。しかも章毎に固定キャラが異なるので、育て損も発生する状況になっている。
キャラクターを強く育成するRPG好きもこれは受け入れられない点だと思います。
実際、真名、和臣やリオナなどのサポート系の脇役は"全く"育成せず、ずっと待機させてました。つまらないのはわかってるんだけど結局そういうプレイスタイルに落ち着いちゃう。
というか、魔法系のキャラの育て辛さはどうなのかな。MG(マジック)に振らなきゃ攻撃が高くならないのに、PW(パワー※物攻/防/HP)にも振らなきゃいけないジレンマ。加えて燃費の悪さ。"待機"ばっかで攻撃タイミングが一向にありませんでした。

ストーリーパート
ストーリーパートが非常に長いです。
ジャンル:アドベンチャーゲーム にミニゲームのダンジョン探索が付いたゲームと言っても過言ではないです。
「よーし始めるぞ」とゲーム始めて30~45分くらい延々シナリオで一向にゲームが始まりません。。
世界観や設定をプレイヤーに落とし込むため必要とはいえ、流石に眠くなりました。
その甲斐あって?上述の通りストーリーの題材自体は面白いです。アニメ化されないかなと小さな期待はあります。

グラフィック
戦闘時の待機中のアニメーションがパラパラ漫画みたいにヌルヌル動いていてすごい綺麗です。
この綺麗なアニメーションは"待機中"だけで、攻撃シーンはアニメーションではなく斬撃などの演出のみに留まっており、途中で力尽きてしまっています。
このゲームの特徴ともいえるギガントとのボス戦も迫力があります。
3人が各距離(近距離、中距離、遠距離)から戦う演出は好きです。距離感や巨大感もしっかり感じられて"ボス"って感じがしました。ボスBGMも迫力がありボス戦は結構楽しめました。

キャラ絵
う~ん・・・
自分も絵は上手くないのであまり悪くは言えませんが、立ち絵がすごい安っぽい。。(描いた人ごめんなさい)
なんというか血が通っていないというか、マネキンみたいというか、、とにかく生気が無いです。
ステータス画面のキャラ絵(アニメ絵)はすっごい綺麗なだけに落差がとんでもなく激しいです。
アドベンチャーパートではこれが延々流れるので、気になる人は物語どころじゃないかもしれません。

アニメーション・主題歌など
すっごい力入れていますね。
主題歌3つって。しかも色々な方面の名が通った歌手が歌ってるし・・・。
アニメーションもすごい綺麗です。
ゲーム制作予算がほぼ全てここに吸い取られてると素人目でも分かりました。
豪華声優陣でしたが、メインシナリオのみのパートボイスで落ち着かなかった。

キャラクター
(ネタバレ注意)
導入部分は眠くなりましたが中盤から面白くなってきて、好きなキャラクターも何人かちらほら。
カイル編のコナーはすごい好きです。
昔見たGUNSLINGER GIRL(ジャン)に似ているせいか、個人的なお気に入りキャラ。ガンスリンガーの方ももこっちのコナーもこういうキャラ好きです。

それと卯月も先輩キャラと櫻井さん声のせいか、閃の軌跡を彷彿させます。(閃の軌跡の中でもクロウは好きでした)
案の定、ラストに主人公を庇って戦死という、境遇までもそっくりという展開に。

総評
ゲーム部分に中途半端さを否めませんでしたが、ストーリー重視のゲームとして見ればかなり良い作品だと思います。
ゲーム部分も全くダメというわけではなく、RPG要素もありそれなりに手応えを持って楽しめる内容。あまり期待せずに気ままにフラッと買うと丁度良いかもしれません。
それとプラチナトロフィーも簡単に取れるので、トロファーにお勧めです。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


↑ PAGE TOP