PS4/Vita イグジストアーカイヴの攻略情報を紹介!攻略チャートを分かりやすく解説!ネタバレ要注意

イグジストアーカイヴ 攻略サイト
-Gametter-

PS4/Vita イグジストアーカイヴ 攻略サイト

プレイしての感想・評価

ストーリー展開/世界観/キャラクター
ストーリーの予習は殆どせずプレイ。「"死"から始まる物語」の触れ込みの通り意外性がある物語設定でした。地球で事故で死亡した主人公らが別の恒星系に"転生"するというところから物語が始まります。最終的な目標は地球に帰還すること。
子安武人さん演じるヤマトガが美味しい役です。子安さんのこっち方面にぶっ飛んだキャラは中々新鮮でした。
使用可能なキャラはメイン11人含め、隠し3人の14人。やや人数が多いので、各キャラクターの素性や背景を飲み込むのに時間が掛かります。人数が多い分本編での掘り下げに物足りなさが残ります。

システム/ボリューム
事前情報では「クリアまでに40~50時間」と言われていた通り、ボリュームがあります。引き継ぎ要素が充実しており、おまけダンジョン、スピードランなどやり込み要素もたくさんあります。エンディングも複数あるので周回プレイが前提となります。
本編はクエストという形でステージを攻略して進んでいく流れになっています。一般的なRPGに比べると冒険してる感があまりありません。

グラフィック/演出
(PS4版でプレイ)背景・キャラクター共に綺麗です。

UI/操作性
同名アイテムをダブって持つとまとめて所持できないのでアイテム売却時が非常に面倒。並び替え(ソート)は武器カテゴリ毎に分けられないので大量に武器を持っていると性能を比較するのに苦労する。

その他
戦闘時のコンボ中に敵のHPが0になっても次の敵にターゲットを切り替えられないので爽快感に欠ける。さらにコンボ終わりに必殺技を組み込むと不発になる上になぜかゲージだけ消費するのも爽快感の無さに拍車を掛けている。
ダンジョンがコピペ感があり、"同じ構造"続きになっているダンジョンが多くある。「あれ?ここさっきも来たぞ・・・」というところが本当に多い。



総評
トライエースのゲームはエンドオブエタニティ以来です。EoEが斬新かつ非常に楽しかったのでジャンルは違いますが今回もかなり期待してプレイ。
PVやパッケージからは大作ゲームのような印象を強く受けました。が、実際にプレイすると結構あっさりした作りになっていてビックリ。ストーリーの進行がクエスト形式なので、"没入感"というか"冒険をしている感じ"が終始感じられませんでした。ただキャラクターの造形は可愛らしく人形劇のような楽しさがあるのは良かったです。
戦闘システムに関しては好きな部類に入るくらい楽しめました。敵の配置や種類によって戦い方を変えなければ思わぬ痛手を負うので倒し甲斐があります。終盤のボス戦はかなり強い設定になっていますが、戦い方次第では意外に簡単に勝てたりするので多彩なジョブ・スキルの組み合わせを考えるのも楽しいです。スピードランや裏ボスなど本編とは比べ程にならない強さのボスが待ち構えているのでやり込み要素は十分です。
(初期ロットの)エラー多発不具合は大きなマイナスポイント。ダンジョン攻略は、探索しつつ進めると軽く1時間は掛かるのも相まってエラー強制終了はやる気を大きく削がれます。ゲーム時間が限られるプレイヤーにとっては死活問題です。そもそもPS4でエラー落ちする事自体初めての経験。ここまで動作が不安定なPS4ソフトは初めて。
エラー落ちを無くせないならセーブポイントなり設けるべきではないでしょうか。発売を1か月延期してこの有り様では正直ガッカリです。

ただ最後の最後で、隠しダンジョンの開発陣の遊び心が面白かったので不具合の件は水に流したいです。

参考プレイ時間
本編クリアは約30時間程でした。プラチナトロフィーは70時間程プレイしても終わりが見えません。
コンプリート不可能なバグがありそうなので、諦めました。



メニュー



ツイッタータイムライン




↑ PAGE TOP