PSVita デジモンワールド ネクストオーダー(nextorder)の攻略情報をマップ付きで紹介!進化系譜と進化条件が分かるデジモン図鑑、スキル一覧、異次元ダンジョン、全サブイベント、コロシアムなどのやり込み要素に対応。

デジモンワールド ネクストオーダー 攻略サイト
-Gametter-

サイト内検索


    Vita デジモンワールド ネクストオーダー攻略サイト

    プレイしての感想・評価

  • デジモンの育成が楽しめる。懐かしい。
  • 難易度は易しめ。反してトロフィーは激ムズ。
  • 動作・インターフェイスに改善点あり

  • デジモンの育成が楽しめる。懐かしい。
  • 待望の新作デジモンゲームです。"ワールド"シリーズということで育成要素に重点が置かれています。トレーニングでステータスを上げて進化条件を狙ったり、エサを上げたり、便意への対応、寿命が訪れたりなど懐かしさを感じざるを得ません。去年出たデジモンストーリーサイバースルゥースはRPG性が強いですが、ネクストオーダーは前述の通り育成がメインになっています。
    ストーリーの大筋こそありますが、拠点の街の住人デジモンを増やしたり、デジモンを育てて図鑑を埋めていくような遊び方が基本になります。ストーリーは短めで慣れている人なら10~15時間最後まで進められるボリュームになっています。クリア後は引き続き育成を楽しめます。ただ後でも述べますが、難度が低いので強いデジモンを育ててもそれに張り合う敵が存在しないのがネックです。

  • 難易度は易しめ。反してトロフィーは激ムズ。
  • 戦闘は基本的にオートで行われるため、育成の腕が問われるます。といってもステータスは上がりやすく、進化条件も非常に緩いので、簡単に強くなるのでストーリー上の敵は殆ど瞬殺できてしまいます。クリア後の異次元ダンジョンも二世代目で既に楽勝モードのレベルであまり張り合いがありませんでした・・・。
    究極体デジモンに簡単になれてしまい、試行錯誤の余地がないのが少し面白みに欠けるのかと思います。寿命も長いので育成もテキトーにしてもあまり問題にならなくなっています。
    発売日のアップデートでハードモードが追加されましたが、そもそもハードでやるメリットが一切ないので徒労感だけが残ります。
    育成・戦闘が非常に易しい難度に対して、トロフィーコンプリートの難度は尋常じゃありません。
    特に難しい(手間な)のが「デジモン博士!」(全てのデジモンを育てた)「カードマスター!」(デジモンカードをコンプした)の二つ。前者は216種類のデジモン全ての系譜を辿り図鑑をコンプしなければなりません。まあ妥当なトロフィーかと思いますが、"寿命が長い"せいで、効率を重視するとパートナーデジモンに対して虐待的なプレイをせざるを得なくなるのが心苦しいところです。究極体になった途端、「お前は用済み」と言わんばかりにデビルチップを食わせる作業をしなければなりません・・・。
    後者のカード集めは、単純な収集要素です。入手確率がそんなに高くはないので、資材が不要になった後も無意味に資材を集めなければならないので完全な作業系トロフィーになってしまっています。必要資材を全て集め終わった段階で150枚/540枚くらいでした。幸いにも入手済みカードがダブったりはしない仕様なので時間さえあればコンプリートは十分可能です。それでもかなり根気のいる作業かと思います。

  • 動作・インターフェイスに改善点あり
  • 全体的にゲーム動作が不安定でカクついているというかもっさりしている印象です。
    メニューを開くときもワンテンポ遅れるので気になります。
    マップを開いたり、メールを見るのにもメニューを通さないといけないのもちょっと不親切かと思いました。
    Vita版のみの発売なので、画面タッチでマップ開いたりメールを見られるようにしてもらいたかったですね。
    あと、アプリケーションエラーやフリーズで落ちるのもショックです。オートセーブが無いので、セーブを忘れずにプレイしていると数時間分が無駄になったりします。
    やる気を削がれて、「もう売る」って人も多そうです。

    プレイしての感想・評価

    本編シナリオは10~15時間前後で攻略可能。
    これだけだと「ボリューム少なっ」と思うかもしれませんが、そんなことはなく、やり込み要素・育成要素のボリュームが沢山あり気が済むまで楽しめます。
    トロフィーコンプリートまでの目安は、推測ですが100時間~くらいでしょうか。



↑ PAGE TOP