アイドルマスター ワンフォーオール 攻略データ

レッスンについて

What's レッスン

 プロデュース画面にあるレッスンから選択可能。
 各能力値である、ダンス、ビジュアル、ボーカルのいずれかのレッスンを受けることができます。(要マニー)
 レッスンを受け成功すると一定期間アイドルの能力値にブーストブーストが掛かる。
 高難度のお仕事を受ける前には是非レッスンを受けておきましょう。
 (レッスンを受けてもターンは経過しませんが一週間に受けられるレッスンの数は一つまでです。)

レッスンの評価

 レッスンを受け、成功度に応じて評価が異なります。
ゲージを最大まで貯めるとパーフェクト+ボーナスで最大の恩恵を得られます。  

ダンスレッスン

指示された方向キーをリズムに合わせて押していきます。
例:⇒⇒⇒⇒ 「⇒ボタンをリズムに合わせてトントントントン」

押し始めるタイミングが難しいので、指示されている時点から画面に合わせてボタンを押していくと良いでしょう。
高難度になると、→↓→↓など組み合わせが複雑になります。
他のレッスンに比べると難易度高めな印象です。

ビジュアルレッスン

  指示された内容に応じたボタンを押していきましょう。
 カメラ向き(L1ボタンorR1ボタン)と表情(○ボタン/×ボタン/△ボタン/□ボタン)が画面に指示されるので、指示されたボタンを同時に押しましょう。
 時間が経過すると教官の顔が赤くなり真っ赤になると時間オーバーで次の指示が出ます。
 稀に、笑わないで、怒らないで、泣かないでなど否定形の指示がでますが落ち着いて押しましょう。(指示ボタンの色とPSコントローラーのボタンの配色が連動していますので、色で判別すると手っ取り早いです。  否定形指示は諦めても、通常の指示を確実に取っていけばパーフェクト+ボーナス獲得できるので、あえて切り捨てるのも選択肢です。

ボーカルレッスン

 一番簡単?
 下に流れてくる音符がリング上に重なったときに、音符に応じたボタンを押し続けて発声します。発声している間はブレスゲージが減少し続けます。ゲージが無くなると失敗。
 ブレスゲージはL1/R1ボタンで回復できます。音符が流れていないときを見計らって回復しましょう。
 リング上に重なるタイミングの判定ですが、かなり甘めに設定されています。多少遅れて発声に入ったり、早めに発生をやめてもセーフなようです。
 息継ぎミスった!ってときはブレスゲージを節約してみましょう。          

レッスンの種類について

ビギナー、レギュラー、マスターの三種類が用意されています。プレイヤーのプロデューサーレベルに応じて解放されていきます。
レッスン名 最大効果 効果期間 必要マニー
ビギナーダンスレッスン ★★ 4週 1000
ビギナービジュアルレッスン ★★ 4週 1000
ビギナーボーカルレッスン ★★ 4週 1000
レギュラーダンスレッスン ★★★ 6週 5000
レギュラービジュアルレッスン ★★★ 6週 5000
レギュラーボーカルレッスン ★★★ 6週 5000
マスターダンスレッスン ★★★★★ 8周 10000
マスタービジュアルレッスン ★★★★★ 8周 10000
マスターボーカルレッスン ★★★★★ 8周 10000